病気の多様な症状

the colorful medicines

淋病の症状は男女で異なり、性器周辺以外にも咽頭に症状が現れることがあります。男性は感染することで尿道に炎症が生じ、急性尿道炎に近い症状が現れます。また、尿に膿のような分泌物が混ざったり、排尿時に痛みや不快感があります。重症化すると尿道から陰嚢に淋菌が広がり、炎症による痛みや腫れも感じるようになります。女性の場合は子宮頸管や尿道に炎症を起こし、おりものの増加や外陰部のかゆみといった症状が見られますが、自覚症状がほとんど無いことも多いのが特徴です。淋病に感染したのに気づかずに放置しておくと、子宮内膜炎や卵管炎を引き起こすことがあります。また、不妊症や子宮外妊娠、流産や早産の原因となる危険性もあるので、早めの治療を行いましょう。

淋病の治療は抗生剤を服用するのが一般的で、重症化してなければ薬を一回飲むだけで十分な効果を得られます。淋病はオーラルセックスを行うことで、咽喉に感染する可能性もあります。咽喉の治療の場合は、性器感染に有効な薬が効かないため、違う薬を用い複数回にわたる薬の服用が必要です。近年では抗生剤に耐性のある淋菌の存在が確認されていて、治療に時間と費用がかかるケースもあります。淋病の治療中に、症状が消えたことで途中で治療を止めてしまうと、耐性のある菌が生まれやすいとも言われています。そのため、症状が治まっても医師の指導に従って、最後まできちんと治療を続けることが大切です。治療の後は再検査を行い、完治が確認されるまで性行為は控えましょう。