flowers and pills

増加傾向にある病気

the capsules and pills

日本は先進国の中でもとびぬけて性感染症の罹患者が多い国といわれています。感染経路が恋人同士、風俗店など多様であり、女性の場合は特に自覚症状が軽いというのがその理由です。

Read more

薬で死滅させる

the drugs

性感染症の原因となるのは細菌やウィルスであり、淋病の場合は淋菌が感染経路を通じて人体に入って症状を引き起こします。淋菌を死滅させる薬を飲むことが、治療法となります。

Read more

病気の多様な症状

the colorful medicines

感染経路は同じですが、出てくる症状は男女の間で違いが見られるのが淋病の特徴です。男性の場合は尿道の痛み、女性はおりものの増加が挙げられます。さらに近年は咽頭に感染するタイプも増えています。

Read more

メジャーな性感染症

the pink tablets

淋病はメジャーな性感染症の一つです。一昔前に流行った病気という印象ですが、実は性行為が感染経路になる可能性が30%と現在でも高い感染率の性感染症です。淋病の感染経路は主に性行為ですが、稀にバスタオルなどが感染経路になるケースもあります。オーラルセックスやキスが感染経路になる場合では、喉に激痛を感じる症状がみられます。また、たまに自覚症状がない場合もあるため、淋病に感染したことに気づかず放置してしまうと大切なパートナーに移してしまうばかりか、男性では無精子症になったり、女性では卵巣などに炎症が広がってしまいます。結果、不妊の原因になってしまったり妊娠中に淋病に感染すると、出産時に赤ちゃんの目に感染することが多く、場合によっては失明の危険性も高くなります。

ご紹介したように、自覚症状が出ない場合もある怖い淋病ですが、更に処置や発見が遅れるとHIVへの感染率も格段に高くなってしまうので注意が必要です。淋病の治療は投薬治療で1週間程で治ります。感染してしまった場合には、まあいいやと安易に考えず早めに産 婦人科を受診して下さい。男性の場合には、泌尿器科か、男性の悩みに応じて診療してくれるメンズクリニックがたくさんありますので受診してみて下さい。予防策としては、キスやオーラルセックスも感染経路になることから、不特定多数の人との性行為をしないこと。性行為をする際は必ずコンドームを使うこと。陰部を清潔に保ち、体の抵抗力や免疫力を高める生活を心がけることが最大の予防策になります。パートナー、赤ちゃん、何より自分のために予防できることはしっかり対策をとる強い意志も必要ですね。